キリスト教FAQ一覧

世の終わりは既に始まっている!?―キリスト教(聖書)の語る終末とイエスの再臨―

「1999年の7の月に恐怖の大王が来るだろう」という「ノストラダムスの大予言」からはや20年。未だ人類滅亡の時は来ていません。今回は、誰もが気になる「世の終わり(終末)」について、イエスが再びやって来る(再臨する)と語る聖書(キリスト教)の教えを紹介します。

記事を読む

イエス・キリストを信じて終わりじゃない!?―キリスト教(聖書)の救いの完成―

「イエス・キリストを信じる者は救われる」と聞くと「イエスを信じたら全てが終わりで、後はただ死を待つだけ」という気がしてしまいます。でも実は、イエスを信じてからが始まりなのです。今回は「イエスを信じた後はどうする・どうなる?」について考えます。

記事を読む

イエス・キリストを信じると何が起こる・変わる?―キリスト教(聖書)の救いの意味―

実は、聖書(キリスト教)の語る「救い」には「罪の赦し」と「永遠の命」以外にも重要な側面があります。今回は「イエス・キリストを信じると何が起こる・変わるのか?」を考えつつ、聖書(キリスト教)の教える「救い」の意味について紹介します。

記事を読む

「信じる者は救われる」の語源はキリスト教(聖書)!?言葉の意味は?

「信じる者は救われる」という表現(ことわざ?)はよく聞きますが、その語源はイマイチはっきりしないようです。しかし、聖書の中には「信じる者は救われる」に近い言葉・表現が出てきます。今回はキリスト教(聖書)が教える「信じる者は救われる」の真意を紹介します。

記事を読む

罪に程度や大小の違いはある?赦されない罪は?―罪の種類と結果―

もし本当に「人はみな罪人」であるなら、気になってくるのは当然「罪を犯したらどうなる?」「罪の罰には程度の違いがある?」「イエスを信じれば全ての罪は例外なく赦される?」といったことでしょう。今回は気になる罪の種類と結果(罰)について考えます。

記事を読む

なぜ人は罪を犯す?生まれながらに罪人?原罪とは何?―罪の原因―

今回の疑問は「積極的に悪いことをしよう・したいとは思っていないのに、つい魔が差して、悪いことに手を染めてしまう自分を止められないのは、一体なぜ?」「ひょっとしたら、人間は生まれながらに善いことをすることができない!?」人が罪を犯す原因について考えます。

記事を読む

人はみな罪人?キリスト教(聖書)の教える罪とは?―罪の定義と本質―

ある日突然「全ての人は罪人(つみびと)だから、悔い改めなければ救われない」と言わても、納得できない人がほとんどだと思います。今回はキリスト教における罪の定義と本質に焦点をあてながら、「罪とは何か?」「人はみな罪人なのか?」を考えます。

記事を読む

イエス・キリストは本当に十字架で死んだ?歴史的証拠は?聖書以外で証明可能?

今回は、イエス・キリストが十字架刑(磔刑)で死んだ歴史的な証拠があるかどうかを調べるため、イエスの死後150年以内に書かれた聖書以外の文献に焦点をあてました。日本では弥生時代にあたる約2000年前の出来事の信憑性に迫ります。

記事を読む

サタン、ルシファー、デビル、デーモン、悪魔、悪霊、違いは何?―悪霊の性質と働き―

キリスト教(聖書)の語る悪霊の性質と働きを考えつつ、キリスト教(聖書)に馴染みがない方も一度は聞いたことがあるであろう「サタン」「ルシファー」「デビル」「ベリアル」「ベルゼブル(ベルゼブブ、ベエゼブル)」「悪魔」「悪霊」「デーモン」の違いも紹介します。

記事を読む

キリスト教(聖書)の天使とは?階級や性別、種類や特徴は?―天使の性質と役割―

「天使・エンジェル」と聞くと「羽根の生えた赤ちゃん」をイメージする方は多いと思います。しかし実は、聖書には赤子の天使は出てきませんし、そのほとんどには羽根も生えていません。聖書に記される天使の素顔・真相(性質と役割)に迫ります。

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告