3/2(金)【十字架の再発見①】:バイブルワークショップ

MACFの関根一夫牧師が主催する「バイブルワークショップ」、3/2(金)は原田が担当。テーマは「十字架の再発見①―イエス処刑の政治的・ユダヤ教的理由」。10:20と19:20からの二回、お茶の水クリスチャン・センター404号室、参加費無料。

記事を読む

バイブルワークショップ@お茶の水クリスチャン・センター

MACF(Mission Aid Christian Fellowship)の関根一夫牧師が主催する「バイブルワークショップ」の一部を2018年3月から担当させて頂きます。毎月第一金曜日(10:20~、19:20~)、OCC404号室、参加費無料。

記事を読む

イエス・キリストはなぜ死んだのか?③―十字架のキリスト教的理由・意味―

「なぜイエス・キリストは十字架で死んだのか」について考える三部作シリーズの三つ目。無実の罪を背負わされ十字架刑に処されたイエス。しかしそれは、神が自らの「正義」と「愛」を追求したが故の結果だと聖書は語ります。その意味するところは一体何かをひも解きます。

記事を読む

イエス・キリストはなぜ死んだのか?②―十字架の政治的・ユダヤ教的理由―

「なぜイエス・キリストは十字架で死んだのか」について考える三部作シリーズの二つ目。当時の政治的・宗教的指導者がイエスを処刑した理由は何か。「表向きの理由」の背後には、隠された「本当の理由」があったのかを考察・検証します。

記事を読む

イエス・キリストはなぜ死んだのか?①―死刑(十字架刑)の方法とその死因―

「なぜイエス・キリストは十字架で死んだのか」について考える三部作シリーズの一つ目。紀元前一世紀の哲学者キケロが「最も残酷で屈辱的な処罰」と記した十字架刑、その処刑方法と死因に迫ります。

記事を読む

2月の予定:(主に)帰国者クリスチャン向けの集まり

(主に)帰国者クリスチャンを対象としたスモールグループ・小グループの2018年2月の予定。帰国者またはクリスチャンに限らず誰でも参加可能。内容は聖書の学び・分かち合い、祈り合いなど。お気軽にご参加ください。

記事を読む

(主に)帰国者クリスチャン向けの集まり

(主に)帰国者クリスチャンを対象としたスモールグループ・小グループの集まりをもっています。帰国者またはクリスチャンでなくても誰でも参加できます。聖書の学びや分かち合い、祈り合いなどを通して、共に歩んでいきましょう。

記事を読む

「帰国者クリスチャン」の直面する問題、その傾向と対策

海外で聖書の内容に触れ、クリスチャンになって日本に帰ってきた「帰国者クリスチャン」が経験するカルチャーショックの原因は何か。またそのカルチャーショックがもたらす問題とその原因および解決策(案)を探ります。

記事を読む

ブログタイトル「その人のために」の「その人」って誰?

ブログの管理者(キリスト教の牧師)が牧師として気にかけていることを思いに込めたブログのタイトル「その人のために」。一人の牧師として気にかけていること、ブログのタイトルに込められた思いを説明しています。

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告