「キリストによって一つとなり成長する」:2023年2月26日(日)礼拝説教要旨

礼拝説教の要旨です(実際の説教の音声はこちら)。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

目次

導入

Tokyo Multicultural Church (みんなのためのキリスト教会)ではこれまで何回かにわたって「弟子訓練」、即ち、「イエス様の弟子とはどのような人で、どのように生きることが求められているか」について説教をしています。

ただ、これまでの話はクリスチャン(イエス様の弟子)一人一人に当てはまることでした。

しかしながら、今日の個所はどちらかと言えば、クリスチャン一人一人というよりもクリスチャンの集まる共同体、つまりは一つ一つの「教会」に当てはまる話となっています。

とはいえもちろん、教会全体に当てはまる話は個々人にも当てはまる話ですから、私たち一人一人がイエス様の弟子としてどのように生きるべきかを教えてくれる箇所であることには変わりありません。

今日の個所を通して、

イエス様の弟子としてどのように生きることが求められているか?

について、これまでとは少し異なる角度から学んでいきましょう。

イエスによって一つとなる教会

まずは今日の聖書個所となるエフェソの信徒への手紙の内容を簡単に振り返ります。

使徒パウロは1章でイエス様の十字架による罪の赦しに触れた後、

神様の最終的な救いのご計画は、天地万物がイエス様のもとに一つにまとめられること

だと語っています(1章10節)。

事実、イエス様の十字架の御業によって、イエス様を信じる者の罪が赦され、神様の子供とされるとき、民族や人種の間を隔てる壁が取り払われ、

皆が一人の新しい人、一つの体、一つの神の家族、一つの主の聖なる神殿となっている

とパウロは語ります(2章15-21節)。

イエス様によって教会全体が一つとなった

訳です。

続く4—6章では、

イエス様によって一つとなった教会に集う私たちが実際の生活でどのように生きるべきか?

が記されています。特に4章1-3節でパウロは、イエス様を信じてキリストの弟子となったクリスチャンたちは皆、

聖霊の助けを求めつつ、謙遜と柔和と寛容と愛と平和の溢れる生活を送り、イエス様が十字架の御業でもたらした一致を保つように

と勧めています。

イエスによって成長する教会

イエス様によって一つとなった教会が聖霊の助けによってその一致を保ちながら成長していくため、

私たち一人一人には恵みによってイエス様から贈り物・賜物が与えられています(フィリピの信徒への手紙4章7-8節)。

また、それらの

贈り物・賜物を教会の成長のために用いるようにクリスチャンたちを整えるのがイエス様の与える使徒や預言者、福音宣教者や牧者、そして教師

であるとパウロは言っています(11-12節)。そして、教会内の人々がイエス様から与えられている贈り物・賜物を教会の成長のために用いるならば、

教会はイエス様に対する信仰と知識において一つとなり、イエス様のように完全な者となって、そこにイエス様が満ち溢れようになる(13節)。

さらには、

人々を福音から離れさせるような悪だくみや偽りの教えに惑わされることなく、愛をもって真理(福音)を語るようになり、あらゆる点で頭であるキリストへと成長していく

とパウロは語ります(14-15節)。

この教会の成長もまた私たち人間の力や努力だけによるのではありません

イエス様によって一つとされ、イエス様によって整えられ、イエス様によって結び合わされ、イエス様へと成長していく

それがイエス様の弟子たちの集う教会だと言えます。

結論

イエス様の十字架の御業によってイエス様を信じる者は皆、その罪が赦され、神様の子供とされます。そこには

民族や言語、人種や身分の違いはありません。

皆が一人の新しい人、一つの体、一つの神の家族、一つの主の聖なる神殿となります。

このようにしてもたらされた一致を保つため、イエス様を信じてキリストの弟子となった私たちは謙遜と柔和、寛容、愛、平和をもってお互いに関わることが求められています。

が、しかし、それは私たち人間の力や努力だけでは到底不可能なこと。

聖霊の助けが必要不可

欠です。

また神様は、私たちイエス様の弟子が

ただ一致を保つだけでなく教会全体が成長していく

ことを願っておられます。そのために

イエス様は恵みによって私たちに賜物・贈り物を与えてくださいました。

また、私たちがイエス様から与えられた賜物・贈り物を用いながら教会を成長させる働きができるように、

イエス様は使徒や預言者、福音宣教者や牧者、教師といった人々もお与えになっています。

そのようにして整えられたイエス様の弟子たちが各々に与えられた賜物・贈り物を活用して神様から任せられた働きに励むとき、

教会はイエス様によって一つに結び合わされ、イエス様の愛のうちに成長していきます。

と同時に、

そこに集う人たちは皆、イエス様に対する信仰と知識が深まり、偽りの教えに惑わされることなく愛をもって救いの福音を語り、イエス様に似た者へと変えられていきます。

私たちの教会Tokyo Multicultural Churchは、その名前が示す通り、多文化・多言語の背景をもった人たちの集まる教会です。

その集まりを可能にするのは他でもない、イエス様の十字架と復活による救いの御業です。

異なる文化、言語、国籍、人種を持った人たちがイエス様を信じる信仰によって一つの神の家族とされ、心を一つとして主なる神様を共に礼拝する。

そこには

神様の素晴らしさ、愛と恵みと憐れみが目に見える形で表されています。

ただ、残念ながら、

そこにある一体感、教会としての一致は、意識的に保とうとしないと無くなっていってしまいます。
私たちは皆、気を付けていないとついつい教会全体や神様にとって益になることよりも自分にとって益となることを優先させてしまう弱く不完全で、罪深い存在

だからです。

もちろん、そうならないように、

聖書の真理に基づいて教会に集う人たちの注意を自分自身から神様、そして神の家族へと向けるように促すのは牧師や宣教師の役割

です。その意味で今一度、

あなた自身が神様の愛と恵みによって救われたのはあなた個人の人生、命、生活、家庭だけが豊かになるためではない

ことに心を留めてみていただきたいと思います。

あなたがイエス様を自分の救い主と信じ、自分のそれまでの生き方を改めて、神様・イエス様を第一とする生き方を歩もうとしているのであれば、あなたはもう既に

キリストを頭(かしら)とする神の家族の一員

です。神様は、この

神の家族が家族としての一体感を保ちながら、イエス様の愛と真理に溢れる共同体へと成長していく

ことを願っていらっしゃいます。

神の家族に限らず、どのような家族であれ、その家族間の一体感を保つためには、お互いの関係を深めることが必要不可欠です。

お互いに挨拶もせず、言葉も交わさず、何の関心・興味も示さないままであれば、その関係は冷えていってしまいます。

まずは

「神の家族」としての絆を喜び、味わってみてください。

皆さんの中にはひょっとすると、以前に通っていた教会の人間関係で傷ついてしまい、新しい人間関係を築くのを躊躇している人がいらっしゃるかもしれません。

また教会に限らず、人間関係全般が面倒で、誰ともあまり付き合いたくないと考えておられる方がいらっしゃるかもしれません。

そのように人間関係に何かしらの問題や悩み、不安や恐れを抱えている人はまずは

神様・イエス様との関係に注意を向けてください。
神様がどれほどあなたを愛しておられるか、またあなたとの関係をどれほど深めたいと願っていらっしゃるかについて思いを巡らせてみてください。

神様はあなたとの途絶えてしまっていた関係を回復するため、ご自分の命を十字架に捧げてくださいました。

神様はあなたといついかなる時も共にいることができるようになるため、死んでよみがえってくださいました。

神様はあなたの全てをご存知です。

あなたがどこにいて何をするにしても、神様の興味・関心があなたから離れることはありません。

神様はあなたの表面的な行いだけでなく、その心の奥底まで全てご存知です。

その上で、

あなたの全てを受け止め、受け入れ、愛してくださっています。

神様の愛はそこで終わりません。

神様はあなただけでなく、あなた以外のこの世の全ての人も同じように愛していらっしゃいます。

そして、

神様があなたを愛しているように、あなたもまた神様の愛する他の人たちを愛する

ように神様は願っていらっしゃいます。

神様に愛されていない人はいません。

と同時に、

神様があなたに愛してほしくない人もいません。

とはいえもちろん、

人を愛することは決して簡単なことではありません。

私たち人間の意志や力、努力だけではどうにもなりません。

神様の愛に満たされ、私たちの内側から変えられていく

必要があります。まずは

あなた(私)個人が人知を超えた神様・イエス様の愛を深く味わい知り、その愛に満たされますように。

そして

教会はもちろん、この世の全てが神様の愛で満たされていきますように(参照:エフェソの信徒への手紙3章16-19節)。

参考文献および注釈

  • Roberts, Mark D. Ephesians. The Story of God Bible Commentary. Grand Rapids, Mich.: Zondervan Academic, 2016.
  • Thielman, Frank. Ephesians. Baker Exegetical Commentary on the New Testament. Grand Rapids, Mich.: Baker Academic, 2010.
  1. 特に記載がない限り、聖書の引用は日本聖書協会『聖書 聖書協会共同訳』による。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告